HONcode-Zertifikat

Oncolo

stimmt mit dem HONcode überein

Logo certificat HONCode
3 Jahre

Gültigkeit der Zertifizierung gültig bis Jun 2021

oncolo.jp Website ansehen

Logo certificat HONCode
HONcode-PIN-Nummer:

HONConduct882964

Datum der erstmaligen Überprüfung der Website:

20 Jun 2017

Gültigkeit der Zertifizierung

gültig bis Jun 2021

Datum des letzten HON-Besuchs

29 Jun 2020

Vom HONcode-Team erstellter Inhalt

Bei den folgenden Angaben handelt es sich um Auszüge aus der Website, die das HONcode-Team zu einem bestimmten Zeitpunkt gemacht hat und die belegen, dass die Website die acht HONcode-Prinzipien respektiert.

メディカルライター
 

(04 Mar 2020) - Link

- 本サイトでは、専門的情報を一般的な患者さんにもわかりやすいように書きかえるという作業を行っています。医療情報は非常に個別性が高いものであり、例えばわかりやすくするために大切な情報を抜き取って表現する場合など、本来の意味との相違の埋めきれない場合がある可能性も否定できません。医療情報を掲載する際には必ず参照元を掲載するように致します。本情報や参照元の情報を参考にしながら、主治医とよくご相談ください。
 

(04 Mar 2020) - Link

個人情報保護方針
 

(04 Mar 2020) - Link

Von all den ausgewählten Beispielen wird nur eines angezeigt.

詳しくはコチラ

記事:可知 健太

 

(04 Mar 2020) - Link

[公開日]2016.03.10
[最終更新日]2019.08.14[タグの追加]
2017/11/24

2017年11月21日現在で、日本で実施中の肺がんの臨床試験(治験)一覧です。

Clinical trials.govにて「lung cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)
目次 [hide]
1 抗IL-1β抗体薬の治験
2 免疫チェックポイント阻害薬の治験
3 分子標的薬の治験
4 がん幹細胞阻害薬の治験
5 オーロラキナーゼ阻害薬
6 細胞周期阻害薬の治験
7 ペプチドワクチン製剤
抗IL-1β抗体薬の治験


【治験広告】抗IL-1β抗体を用いた非小細胞肺がんの方を対象とする3つの治験のご案内
術後アジュバント、1次治療、2次/3次治療

免疫チェックポイント阻害薬の治験

進行扁平上皮非小細胞肺がん
アテゾリズマブの第3相試験※募集終了
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体

対象:扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療

治療:「アテゾリズマブ+カルボプラチン+パクリタキセル(or
nabパクリタキセル)」、「カルボプラチン+nabパクリタキセル」

進行非扁平上皮非小細胞肺がん
アテゾリズマブの第3相試験※募集終了
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体

対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療

治療:「アテゾリズマブ+カルボプラチン+パクリタキセル(or
+ベバシズマブ)」、「カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブ」

非扁平上皮非小細胞肺がん
アテゾリズマブと標準療法を比較する第3相試験※募集終了
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体

対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療

治療:「アテゾリズマブ」、「シスプラチン(or
カルボプラチン)+ペメトレキセド(アリムタ)」

非扁平上皮非小細胞肺がん
アテゾリズマブと標準療法を比較する第3相試験(JAPIC-CTI)
※オンコロ記載準備中

対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療

治療:「アテゾリズマブ」、「アテゾリズマブ+カルボプラチン(またはシスプラチン)+ペメトレキセド(アリムタ)」、「シスプラチン(またはカルボプラチン)+ペメトレキセド(アリムタ)」


進行非小細胞肺がんオプジーボ/ヤーボイの免疫複合療法 第3相試験

薬剤の特徴:抗PD-1抗体、抗CTLA-4抗体

対象:進行非小細胞肺がん、初回治療

治療:「オプジーボ」、「ニボルマブ+ヤーボイ」、「ニボルマブ+カルボプラチン(or
シスプラチン)+ペメトレキセド(or ゲムシタビン)」、「カルボプラチン(or シスプラチン)+ペメトレキセド(or ゲムシタビン)」

PD-L1陽性の進行非小細胞肺がん ペムブロリズマブの第3相試験※募集終了

薬剤の特徴:抗PD-1抗体

対象:進行非小細胞肺がん、PD-L1陽性、初回治療

治療:「ペムブロリズマブ(キートルーダ)」、「プラチナ製剤+ペメトレキセド」


進行非扁平上皮非小細胞肺 ペムブロリズマブの標準療法に上乗せする第3相試験 ※募集終了

gov:NCT02578680
薬剤の特徴:抗PD-1抗体

対象:進行非小細胞肺がん、初回治療

治療:「ペムブロリズマブ+シスプラチン又はカルボプラチン+ペメトレキセド」、「シスプラチン又はカルボプラチン+ペメトレキセド」


進行非小細胞肺がん
デュルバルマブ/トレメリムマブの第3相試験 ※募集終了
JapicCTI-No.:JapicCTI-153067、gov:NCT02453282

薬剤の特徴:抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体

対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、

薬剤:「デュルバルマブ」、「デュルバルマブ+トレメリムマブ」、「プラチナ系製剤を使用した標準療法(シスプラチン+ペメトレキセド、カルボプラチン+パクリタキセルなど)」


PD-L1陽性の進行非小細胞肺がん
デュルバルマブ/トレメリムマブ単剤または免疫複合療法の第3相試験※募集終了
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体

対象:非小細胞肺がん、PD-L1陽性、セカンドライン以降

治療:「デュルバルマブ」、「トレメリムマブ」、「デュルバルマブ+トレメリムマブ」、「ビノレルビン+ゲムシタビン+エルロチニブ」


非小細胞肺がん デュルバルマブとイレッサ併用の第1相試験※募集終了

薬剤の特徴:抗PD-L1抗体

対象:進行性非小細胞肺がん、標準的治療がない方

治療:「デュルバルマブ+ゲフィチニブ(イレッサ)」


分子標的薬の治験

【第3世代】オシメルチニブ/AZD9291/タグリッソ、‐/ASP8723/-、-/EGF816/-、【EGFR抗体】ネシツムマブ/-/-


ステージ1B~3Aの非小細胞肺がん
タグリッソの第3相試験(オンコロ掲載準備中)
gov:NCT02511106
対象:非小細胞肺がん、ステージ1B~3A、EGFR遺伝子変異陽性、術後補助化学療法

薬剤:「AZD9291(オシメルチニブ;タグリッソ)」、「プラセボ」

特徴:二重盲検比較試験


進行非小細胞肺がん対象 タグリッソと既存EGFR-TK阻害薬を比較する第3相試験
※募集終了
薬剤の特徴:第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬

対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、EGFR遺伝子変異陽性

治療:「AZD9291(オシメルチニブ;タグリッソ)」、「エルロチニブ(タルセバ)」または「ゲフィチニブ(イレッサ)」


進行非小細胞肺がん対象 ASP8723と既存EGFR-TKI阻害薬を比較する第3相試験

薬剤の特徴:第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬

対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、EGFR遺伝子変異陽性

治療:「ASP8723」、「エルロチニブ(タルセバ)」または「ゲフィチニブ(イレッサ)」


扁平上皮非小細胞肺がん
初回治療にEGFR抗体ネシツムマブを上乗せする第1b/2相試験※募集終了
薬剤の特徴:抗EGFR抗体

対象:進行扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療

治療:「ネシツムマブ+シスプラチン+ゲムシタビン」、「シスプラチン+ゲムシタビン」


進行非小細胞肺がん
タグリッソと免疫CP阻害薬デュルバルマブ、c-Met阻害薬ボリチニブ、MEK阻害薬セルメチニブのいずれかと併用する第1相試験
薬剤の特徴:第3世代EGFR阻害薬(タグリッソ)、抗PD-L1抗体(ディルバルマブ)、c-Met阻害薬(ボリチニブ;AZD6094)、MEK阻害薬(セルメチニブ;AZD6244)

対象:進行非小細胞肺がん、EGFR遺伝子変異陽性、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の治療で悪化が見られた方

治療:「タグリッソ+デュルバルマブ」、「タグリッソ+ボリチニブ」、「タグリッソ+セルメチニブ」


進行非小細胞肺がん第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬EGF816の第1/2相試験
※募集終了
JapicCTI-No.:JapicCTI-142619、gov:NCT02108964

薬剤の特徴:第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬

対象:進行非小細胞肺がん、EGFR遺伝子変異陽性、標準治療がなくなった方

薬剤:「EGF816」

ALK阻害薬
【第2世代】セリチニブ/‐/ジカディア、ローラチニブ/PF-06463922/‐


ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がん
セリチニブの第3相臨床試験※募集終了
薬剤の特徴:第2世代ALK阻害薬

対象:進行性非小細胞肺がん、ALK融合遺伝子陽性、ザーコリ治療歴あり

治療:「セリチニブ(ジカディア)」、「ペメトレキセド」または「ドセタキセル」


ALK融合遺伝子陽性 非小細胞肺がん
セリチニブの第2相試験※募集終了
薬剤の特徴:第2世代ALK阻害薬

対象:進行非小細胞肺がん、ALK融合遺伝子陽性、アレクチニブ治療歴あり

治療:「セリチニブ(ジカディア)」


ALK融合遺伝子陽性
進行非小細胞肺がん PF-06463922の第1/2相試験 ※募集終了
JapicCTI-No.:JapicCTI–153035、gov:NCT01970865

対象:進行非小細胞肺がん、ALK融合変異陽性、ROS1陽性、ALK阻害薬、初回治療またはセカンドライン

薬剤:「PF-06463922(ローラチニブ;Lorlatinib)」、「クリゾチニブ(ザーコリ)」


VEGF阻害薬の治験

【VEGFR-2】ラムシルマブ/サイラムザ


進行非小細胞肺がん
初回治療としてタルセバにサイラムザを追加する第3相臨床試験
薬剤の特徴:VEGFR-2阻害薬

対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、EGFR遺伝子変異陽性

治療:「ラムシルマブ(サイラムザ)+エルロチニブ(タルセバ)」、「プラセボ+エルロチニブ」

特徴:二重盲検


PARP阻害薬の治験

【PARP阻害薬】-/べリパリブ/-


非扁平上皮非小細胞肺がん対象のPARP阻害薬(ベリパリブ)の第3相試験※募集終了

薬剤の特徴:PARP阻害薬

対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、喫煙者(現在・過去)、初回治療

治療:「カルボプラチン+パクリタキセル+ベリパリブ」、「シスプラチン+ペメトレキセド」または「カルボプラチン+パクリタキセル」


その他のチロシンキナーゼ阻害薬の治験

KIF5B-RET陽性 肺腺がん患者対象 マルチチロシンキナーゼ阻害薬レンビマの第2相試験※募集終了
薬剤の特徴:VEGFR、FGFR、RET、KIT、PDGFR阻害薬

対象:肺腺がん(主に非扁平上皮非小細胞肺がん)、KIF5B-RET転座/その他RET転座を有する方、原則3レジメン施行された方

治療:「レンバチニブ(レンビマ)」


進行非小細胞肺がん c-Met阻害薬INC280の第3相臨床試験

薬剤の特徴:HGF/c-Met阻害薬

対象:進行性非小細胞肺がん、セカンドライン以降、c-Met遺伝子陽性

治療:「INC280」


進行非小細胞肺がん IGF-1/-2中和製剤BI836845の第1b相臨床試験 ※募集終了

gov:NCT02191891
薬剤の特徴:IGF-1/-2中和剤

対象:進行性非小細胞肺がん、EGFR変異陽性、セカンドライン以降

治療:「BI836845+アファチニブ(ジオトリフ)」


がん幹細胞阻害薬の治験

悪性胸膜中皮腫
BBI608+アリムタ+シスプラチン 併用療法 第1/2相試験※募集終了
薬剤の特徴:がん幹細胞阻害薬

対象(第1相):進行非小細胞肺がん/悪性胸膜中皮腫

対象(第2相):悪性胸膜中皮腫

治療:「BBI608+ペメレキセド+シスプラチン」


オーロラキナーゼ阻害薬

進行性固形がん/卵巣がん/小細胞肺がん
タキソール+アリセルチニブの 第1b相試験※募集終了
薬剤の特徴:オーロラAキナーゼ阻害薬

対象:小細胞肺がん、卵巣がん、進行性固形がん、

治療:「アリセルチニブ+パクリタキセル(タキソール)」


細胞周期阻害薬の治験

KRAS遺伝子変異がある非小細胞肺がん
CDK4/6阻害薬アベマシクリブ 第3相試験※募集終了
薬剤の特徴:サイクリンキナーゼ4/6阻害薬

対象:進行非小細胞肺がん、KRAS遺伝子のコドン12/13変異をもつ方、サードライン以降

治療:「アベマシクリブ+エルロチニブ」


ペプチドワクチン製剤

完全切除後非小細胞肺がん 術後補助化学療法後のS-588410による第2相試験

薬剤の特徴:ペプチドワクチン製剤

対象:非小細胞肺がん、切除手術後に術後補助化学療法を実施した方、HLA-A*24:02保有

治療:「S-588410」、「プラセボ」(二重盲検比較試験)


LC-SCURUM-Japanのホームページにも上記の臨床試験情報+αが掲載されています。

(一部、実施医療機関も掲載されています)。


コチラをご覧ください。


【LC-SCRUM-Japanについて(HP抜粋)】

※2018年6月1日以降、LC-SCRUM-Japanへの参加受付は一時中断しています。

患者数の少ない病気は薬の開発が難しく、新しい治療薬が届けられにくい環境にあります。特に、近年見つかっている希少な遺伝子異常をもつ肺がんは、肺がん全体の1~2%程度のものが多く、これまでのやり方では薬の開発は困難でした。


LC-SCRUM-Japanでは、全国の医療機関が一体となって遺伝子スクリーニングを行うことで希少肺がんの患者さんを集め、新しい薬の開発につなげます。希少肺がんの患者さんに有効な治療薬をいち早く届けること、さらに日本の治験を活性化し、国際競争力を高めること、その結果として個別化治療を推進していくことがLC-SCRUM-Japanの目標です。


詳しくはコチラ


記事:可知 健太


リサーチのお願い

済生会吹田病院×オンコロ 男性がん患者さん対象アンケート調査にご協力ください

済生会吹田病院×オンコロ 男性がん患者さん対象アンケート調査にご協力く…

2019.07.05 リサーチ
【オンコロリサーチ】患者さんとご家族を対象としたがんの調査紹介ページ

【オンコロリサーチ】患者さんとご家族を対象としたがんの調査紹介ページ

2018.01.17 リサーチ
LINEで送る
 

(04 Mar 2020) - Link

Dieses Prinzip kann nicht auf diese Site angewendet werden 

お問い合わせ
 

(04 Mar 2020) - Link

オンコロは臨床試験(治験)広告による収益が運転資金となります。治験広告はバナーおよびランディングページを掲載しますが、治験広告である旨を明記すること及びスポンサーを明記しています。
 

(04 Mar 2020) - Link

本サイトに掲載している情報について、特段の明記がない限りはスポンサー・広告主からの影響を受けていることはありません。影響を受けるような情報を掲載する場合は、その旨を明記します。
 

(04 Mar 2020) - Link

・オンコロは臨床試験(治験)広告による収益が運転資金となります。治験広告はバナーおよびランディングページを掲載しますが、治験広告である旨を明記すること及びスポンサーを明記しています。
 

(04 Mar 2020) - Link

Die Auszüge dieses Zertifikates wurden von der Stiftung Health On the Net (HON) erstellt und dürfen ohne die ausdrückliche Erlaubnis von HON nicht verwendet werden.

responsive devices

Bedeutung des HONcodes

Das Zertifikat der Stiftung Health On the Net (HON) bestätigt, dass diese Website zum Zeitpunkt ihrer Zertifizierung (s. unten) die 8 Prinzipien des von der Stiftung HON entwickelten Verhaltenskodex HONcode erfüllt und mit diesen übereinstimmt. Der oder die Website-Verantwortliche hat sich dazu verpflichtet, die HONcode-Prinzipien während der Dauer der Zertifizierung einzuhalten.

Obwohl HON ein Beschwerde-System eingeführt hat und die zertifizierten Websites automatisch überwacht werden sowie vom HONcode-Team regelmässig neu auf die HONcode-Prinzipien hin überprüft werden, kann es vorkommen, dass Abweichungen von den HONcode-Prinzipien auftreten.

Die Stiftung Health On the Net (HON) und/oder ihre Partner haften auf keinen Fall für allfällige Schäden, die durch die Nutzung einer zertifizierten Website oder durch die Unmöglichkeit, ein zertifizierte Website zu nutzen, entstehen. Des Weiteren sind die Stiftung HON und/oder ihre Partner auf keinen Fall haftbar für den Inhalt der zertifizierten Websites oder für den Inhalt von Websites Dritter, auf welche zertifizierte Websites mittels Hyperlink oder durch Informationen Dritter verweisen.

Der oder die Website-Verantwortliche ist für den Inhalt der Website verantwortlich, soweit das Gesetz nichts anderes bestimmt.

Mehr Informationen zum HONcode ?
responsive devices

Verantwortliche von Gesundheitswebsites

Haben Sie eine eigene Website?

Beantragen Sie die HONcode-Zertifizierung!

Zertifizierung beantragen

Transparente Gesundheitsinformationen!

Nach HONcode-zertifizierten Websites suchen:

 

Laden Sie die kostenlose HONcode-Toolbar herunter.
barre d'outils HONcode

Die HON-Toolbar kann einfach heruntergeladen und Ihrem Web-Browser hinzugefügt werden. Sie verbindet Sie in Echtzeit mit dem HON-Server und zeigt beim Besuch einer gesundheitsbezogenen Website an, ob diese HONcode-zertifiziert ist oder nicht. Die HON-Toolbar erfasst keinerlei persönliche Informationen und enthält weder Spyware noch versteckte Funktionen.

Download

Video über den HONcode

YouTube-Kanal

Wir stellen Ihnen transparente Gesundheitsinformationen zur Verfügung.

YouTube-Kanal